どうすれば予防できる?しわを防ぐための手軽な方法

紫外線がしわを生み出す仕組み

しわは女性を老け顔にしてしまうため、美容の大敵ですが、実は老化が原因のしわは全体の約2割です。残りのおよそ8割は紫外線が原因で、光老化と呼ばれています。太陽の光の中でも紫外線は強いエネルギーを持ち、肌にダメージを与えています。A波とB波があり、B波は肌の表皮を傷つけ日焼けやしみを引き起こします。一方、A波は表皮の下にある真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンを変性させるなど深刻なダメージを与え、しわの原因となりますよ。

肌のダメージを防ぐ身近な食材

日焼け止めを塗って紫外線対策をすることは基本ですが、それと共に、肌のダメージを防ぐ食材を積極的に摂ることがしわの予防になります。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌の老化を早めますよ。その活性酸素に対抗する成分を豊富に含む食材が、バナナです。熟したものほど抗酸化成分が含まれ、肌の健康を維持するビタミンB2とB62を含みます。また、うなぎやあなごはコラーゲンやビタミンEを含み、肌のターンオーバーを促進する美容食ですね。

しわ対策に効果的なプロテオグリガン

紫外線でダメージを受けた肌はコーラゲンの生産が減少しているため、そのままにしておくと真皮が縮み、深いしわになりますよ。食材では回復できないほどのダメージには、プロテオグリガンと呼ばれる成分をサプリから摂取すると良いでしょう。プロテオグリカンはサケの鼻軟骨などに豊富にあり、人の皮膚や膝関節にも含まれている成分です。皮膚はヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどで構成されていますが、プロテオグリガンはこれらの生産をサポートしますので、しわ対策になります。

しわの治療はしわの部分に注射を打って皮膚を伸ばすという方法です。これは安全性が高い手術としておこなわれています。

2016年9月22日