意外と知らない人が多い?レーザー脱毛の基礎知識

レーザー脱毛には医療脱毛とエステ脱毛の二種類がある

レーザー脱毛と一口に言っても、実は病院でやってもらう医療脱毛と、エステサロンでやってもらうエステ脱毛の二種類が存在しています。この両者は同じ脱毛処理ではありますが、必要回数も効果も違うので注意をしなければならないでしょう。多くの人が知らないことなので、勉強をしておくのがいいですね。医療脱毛は、いわゆる永久脱毛と呼ばれるものになります。毛根を破壊することで、毛が生えてこなくなります。エステ脱毛のほうは、いわゆる減毛というもので、永久脱毛ではありません。

レーザー脱毛は自由診療で保険適用外の処置

レーザー脱毛は病院でできると言っても、病気を治療するわけではないので、自由診療になります。保険適用外ですから、費用は100%利用者が負担しなければなりません。エステ脱毛の場合ももちろん同じことです。ですから、値段が高額になるケースもあります。ただ、永久脱毛をしてしまえば、その後無駄な時間を毛の処理に費やすことがなくなりますので、総合的にはお得になる可能性もあります。一生脱毛処理をして行くのに比べれば、安上がりだと考える人も多いです。

痛みが少ない最新のレーザー脱毛法

今まではレーザー脱毛といえば、毛乳頭を破壊して毛が生えてこなくするものを指していました。この手法は痛みが酷くて、それが理由で受けるのを回避していた人も多かったわけです。しかし最近は技術の進歩によって、レーザー脱毛も痛みが和らいできました。毛乳頭の代わりにバルジ領域にレーザーを照射することで痛みを和らげることができるのです。この手法であれば、痛いからといって回避していた人も気軽に無駄毛処理ができます。

医療レーザー脱毛を行う際には、火傷や炎症のリスクを避けるために施術前後の日焼けに気をつけるようにしましょう。

2016年4月25日